ブロッコリーと十人の貝割れ大根

野菜はオクラが好きです

ツマミもスイッチもないエフェクターの話

そしてFar East Electric(現Honda Sound Works)製

 

なんのエフェクターだか分かりますか?

本ブログ読者のエフェクターヲタク(褒めてない)の皆様なら何のエフェクターかもうお判りですよね?

 

「S」から始まるアレです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

f:id:MGMGNE:20170910233517j:image

そうです! SOUL BOOSTER ver.2 でございます!

 

SPICEかと思った?

f:id:MGMGNE:20170910233704p:image

ごめんやめて殴らないで

こんばんはめがめがねです。

 

SPICEってなんぞやって人はコチラをご覧下さい↓

 

 

f:id:MGMGNE:20170911001427j:image

このSOUL BOOSTER Ver2は御茶ノ水の有名楽器店(だった)FREAKS MARKETFar East Electricのコラボ企画より生まれた商品なのだ!

 

説明終わり

 

有名楽器店だったってのは、このFREAKS MARKET、

2015年12月に BIGBOSS SOUND LINER にリニューアルしてしまった為消滅しました。

(どちらもESP系列のお店です)

 

販売当時(2008年01月)の定価はなんと¥47,250

 

高くね?※個人の感想です

 

ちなみにSPICEは2004年頃発売(たぶん)で定価¥15,750でした。

これも高けーよ※個人の感想です

この頃はまだHonda Sound Works名義でしたね。

 

よく分からない人向けに説明すると、ここのブランドの中の人、本多博之さんは気分屋なのかコロコロと名義を変えてます。括弧の中の年代は結構適当です。

Honda Sound Works(1999年〜2006年頃?)

Far East Electric(2006年〜2010年頃?)

Honda Sound Works(2010年〜2011年頃?)

Honda Tone Quality Institute(2011年〜2013年頃?)

(1回Far East Electricに戻ったっけ?)

Honda Sound Works(2017年9月現在)

 

SPICEのおかげか、たいぶヤベーなこのブランドって感じでしたが、Honda Tone Quality Instituteを名乗ってた頃が1番ヤバイです。

 

話は戻って早速SOUL BOOSTERの中身を見て行きましょう。

値段が3倍だからワイヤー6本ぐらい入ってるのかな?

 

そーれパカっとな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:MGMGNE:20170911034444j:image

( ゚д゚)!?

 

( ゚д゚   )中身あんじゃん!

f:id:MGMGNE:20170911053831j:image

オペアンプはMC4558CGですね。

ちゃんと回路をトレースした訳ではないですが、パッと見た感じダイオードクリップの無いTube Screamer系回路のようです。

3つあるトリマーはそれぞれGain Tone Volmeです。

いや普通にフットスイッチ付けてトリマーじゃなくてポットしろよって思わせる音色です。

 

あとで自分向けにパチモン作るか

 

赤と青の2種類あるようで若干音色が違うそうな。

 f:id:MGMGNE:20170911042733j:image

各20台ぐらい作ったみたいですが全然見かけません。

 

逆にSPICE は今でも中古でソコソコ見かけます。

ケースに穴開けてジャックつけてケーブル2本繋ぐだけなので簡単に作れるせいか、結構な数作ってたようです。

あと興味本位で買って手放す人も多いんじゃないでしょうかね(名推理)

 

もちろん私も持ってます。

f:id:MGMGNE:20170911054155j:imagef:id:MGMGNE:20170911054203j:image

これは最初のHonda Sound Works期の物です。

この後のFar East Electric期にも作っています。

参考↓
L.O.D -LEAD OR DIE- Far East Electric SPICE

 

Far East Electric期には後継機?進化系?の「ぷりっぷり」という物も発表してます。

 

これ、SUGIZO氏も愛用してるってよ

 TC Electronic | Guitar | Artists | SUGIZO

後半にぷりっぷりについて言及しています。

なんかエビ食いたくなってきたな。

 

んでその後またHonda Sound Works名義でSPICE発表してます。

それがコチラ

f:id:MGMGNE:20170911063953j:image

SPICE 2011です!

 

これが驚くべき進化を遂げ、なんと!

ツマミがつきました!

f:id:MGMGNE:20170911064052j:image

 

ほら笑うところだぞ。

気になる中身を早速見て行きましょうパカっとな

f:id:MGMGNE:20170911064353j:image

 

中身的にはロータリースイッチでコンデンサー(2種類容量違い)を通すかコンデンサを通さないかの3パターン選べるお得なSPICEとなっています。

f:id:MGMGNE:20170911064514j:image

ところで裏ブタにサインしてあるKazuってどなた?

 

SPICE 2011の後にブランド名をHonda Tone Quality Instituteに変更しそこでもSPICEを発表しています。

それがコチラ

f:id:MGMGNE:20170911075052j:image

Energy Spice

 

以下商品説明コピペ

新製品 Energy Spice ¥25,000 限定20台
8月7日発売!
とても珍しい40年代のWestern Electricの撚り線を入手いたしました
かなり良かったので、なにか商品にしたいと思いつくってみました
ソルダーには今お気に入りのナッソー・ウエスタン仕様を使っています
ケースには昔サンプルで少量製作した、PSKのオリジナルケースを使用しています
A/B box 仕様となっていますので使用範囲は拡がるとお思います
また2in/1out boxとしても使用できます
音色は3D的なトーンで倍音が体を包み込み楽器の本来の鳴りを体感できます。
あとは、言葉で説明するのが難しいのですが
今までのスパイスとは又違う、エナジー・チューンを施した新しいトーンを発揮します
よろしくお願いいたします

コピペここまで

発売したのは2011年です。

エナジーチューンってなんやねん。

 

そういえばこの記事の途中で「Honda Tone Quality Instituteを名乗ってた頃が1番ヤバイ」と書きましたが、どんぐらいヤバかったかと言うと

 

こんなチューナーが普通に公式HPで売ってたり↓

 

装備すると「トーンが良くなる」とか言う謎のブレスレット売り出したりしてました。

f:id:MGMGNE:20170911082304j:image

あっ この写真のブレスレット私の私物です。

(私の私物って日本語としてどうなんだ)

 

当時(2011年8月)は本多氏が渋谷に店を構えており、通販での取り扱いは無く店頭販売のみだった為、わざわざ買いに行きました。 

fender champをフルアップにしたような小汚い歪みのギターが聴こえてくる扉を潜ると、お香の匂いと共に奥から本多氏ご登場。

 

商品棚に陳列されてるブレスレットを手に取り

 

私「コレ下さい」

 

 と本多氏に話かけ代金を渡します。すると

 

本多氏「ちょっと待っててね」

 

と一言言い残しブレスレットを手に取り、店の奥へ消えて行きます。

 

暫くして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーン…

 

と言う音と共に本多氏が再び現れ

本多氏「念を込めておきましたから」

と言われました。

 

私「ありがとうございます!」

と満面の笑みを浮かべ店を後にしました。

 

本多氏「念を込めておきましたから」

私       「wwW?wWww??Ww???w?WW?」

ってならなかった当時の自分を褒めてあげたい。

 

この頃の本多氏のブログがまだ残ってるので見て見ましょう。

霊感商法 | Honda Tone Quality Institute Blog

 

うん…

 

買っただけでは意味がないのでちゃんと装備しましょう。

ドラクエで習ったでしょ?

これを装備することによって「トーンが良くなったか?」と聞かれれば、「良くなりません。」って答えます。

 

2013年7月頃には再度Honda Sound Worksに名前を戻したんですが、そこでもまたも怪しい物を売り始めます。

それがコチラ↓

f:id:MGMGNE:20170911211230j:image

「HSW」って書いてある銅製のワッシャー、

エナジーワッシャーです!

もちろん私は買いました!

 

参考↓

L.O.D -LEAD OR DIE- Honda Sound Works ENERGY WASHER for JACK

 

もうエナジーワッシャーは買えませんが「銅ワッシャー」でググれば類似品は普通に買えます。

自分で「HSW」って書けばOKです(?)

 

これを取り付けることによって「トーンが良くなったか?」と聞かれれば、「良くなりません。」って答えます。

 

とか言いつつウチのギター達のジャックに取り付けてますけどね。

 

その後も2015年にはエフェクターを発売しており、

もちろん私は買いました!

f:id:MGMGNE:20170911214501j:image

 

内蔵されてる電池にはサイン入ってるしサイコーです。

f:id:MGMGNE:20170911214600j:image

 

そんな本多氏、現在は千葉県の御宿でカフェをやってるそうです。
もちろん私は行きました!

 

とまぁ本多氏については賛否両論ありますが、なんだかんだ言っても僕は結構好きです。

 

ですが現在は開店休業状態らしいです。
「honda sound works」で検索しようとすると、「届かない」がサジェストされる辺りお察しです。

 

そういえば2017年6月頃からTwitter上で話題になってるエフェクターがあります。

 

f:id:MGMGNE:20170911221449j:image

パッシブバッファーですって。

トランスでも入ってんのかなー?って思ってたら中身が公開されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これってSPICEのパk

 

ホットケーキの話

 

こんばんは。めがめがねです。

 

今回はみんな大好きホットケーキの話だ。

 

まず最初に紹介するのはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:MGMGNE:20170831185416j:image

イワタコーヒー店

鎌倉にある有名店ですね。

イワタコーヒー店

食べログイワタコーヒー店

 

客がみーんなしてホットケーキ頼むもんだから40〜50分掛かると店員さんから案内がありました。

なので出てくるまでの間にフルーツサンド食べました。うまい。

f:id:MGMGNE:20170831205312j:image

 

んでいよいよホットケーキ登場

f:id:MGMGNE:20170831204808j:image

この分厚いの2枚で1人前です。

外はサクサク中はフワフワでおいしいんです。

1人で行くとコレだけで腹いっぱいになるので2人以上で行くことオススメします。

 

「はーい、2人組作ってー」

 

 

はい次

f:id:MGMGNE:20170831215943j:image

天国

こっちは浅草の有名店ですね。

珈琲 天国

食べログ珈琲 天国

 

もちもちしっとり系です。うまい。

ま国に見えちゃう焼印もかわいくて良い

ホットドックも種類多くていい感じ、チリドッグおいしかったけど写真撮り忘れた。

 

 

はい次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:MGMGNE:20170908092522j:imagef:id:MGMGNE:20170908092536j:image

おまたせ

 

ニュジーランドはCrowther Audio社のHotcakeです。

HP:http://www.crowtheraudio.net/

 

たまにHuman GearのHotcakeって書く人居ますけど、Human Gearはただの日本の代理店ですからね。

 

メーカー名は「Crowther Audio」です(`・ω・´)

もうね。名前がかっこいい。

 

これはクリーンブースト〜オーバードライブ、Fuzzっぽい歪みまで作れちゃう守備範囲の広い歪みエフェクターです。

コントロールはLevelとDriveとNormal⇔Mid Liftを切り替えるスイッチだけで割とシンプル

このエフェクターはいいぞ

 

おすすめの使い方

一旦アンプでクリーン〜クランチの音を作ってボリュームを下げておきます。

 

Hotcakeは下記の通りセッティングします。

Level:3時方向

Drive:10時方向

Mid Lift:基本は右(Mid Lift)側

f:id:MGMGNE:20170908092553j:image

そのあとアンプのボリュームを少しずつ上げて行きましょう。

 

めっちゃ気持ちいい音します。

 

あとはギターやアンプに合わせてDrive調整したりMidLiftスイッチカチカチしましょう。

ただLevelは3時以降推奨。

 

Driveを上げすぎると低音がうるさくなってきます。

歪ませて使用してもいいのですが、私的にはブースター的に使う方がオススメです。

 

色々なところでシングコイル向けと言われてますが、確かにシングコイルのが合うと私も思います。

 

はい次

 f:id:MGMGNE:20170908092615j:imagef:id:MGMGNE:20170908092627j:image

Mid Liftスイッチがpresenceノブに変わりました。

Hot Cake 3knobっていう名称らしいです。

使い勝手は2knobよりこっちのがイイです。

 

2008年以降のモデルは中にジャンパーピンがあり、それの組み合わせで音が変えられるとのこと。

って公式ホームページに書いてあるのですが、最近のはDIPスイッチになってる模様

 

はい次

 f:id:MGMGNE:20170908092701j:imagef:id:MGMGNE:20170908092715j:image

同じ物じゃないです。

 

よく見てください。LEDの色が違います。

あとスイッチ右側の名称もMid Liftからpresenceに変更になってますね。

ケースの色味も形も若干異なります

f:id:MGMGNE:20170908092758j:imagef:id:MGMGNE:20170908092803j:image

 

こっちは配線材にWE(Western Electric)の配線材が使用されています。

f:id:MGMGNE:20170908093429j:imagef:id:MGMGNE:20170908093435j:image

WEモデルは追加で¥3,000かかるそうです。

この個体はSTDモデルらしいです。

 

はい次

 f:id:MGMGNE:20170908093547j:imagef:id:MGMGNE:20170908093556j:image

これはもう見た目から違いますね。

Hot Cake '77 Re-issueってモデル名らしいです。

2004年に代理店のHuman Gearが日本国内限定で100台売ったそうな。

箱には代理店とシリアルのシールが貼られています。

f:id:MGMGNE:20170908095425j:image

Human Gearの為に特別に作った。って書いてありますね。

他に適当に検索してみるとreverb.comで出品されてる時の説明文に書いてありました。

 

リンク切れた時ようにスクショも置いておきます。

 f:id:MGMGNE:20170908100806j:image

確かに検索してもこの個体に対する海外のページは全然ヒットしません。

 

一応島村楽器のブログ(?)にも書いてあるの発見しました。

 

発売当時の定価は知らんし、S/N:1は激レアだとは思うけど¥83,300はやり過ぎでしょ

 

はい次

 f:id:MGMGNE:20170908093619j:imagef:id:MGMGNE:20170908093625j:image

めちゃめちゃ自作っぽいの来たな。

けどちゃんと本物です。

 

ヤフオクで買ったんですが、世界に1台だけのプロトタイプみたいな売り文句だったと思います。

 

正直プロトタイプってのは怪しい。

だって私が持ってる3knobモデルのがシリアル若いんだもん

(Crowther Audioがどういうシリアル管理してるか知りません)

←銀色3knob ノーマル3knob→

f:id:MGMGNE:20170908093808j:image

 

筐体側面に側面に「PRESENCE PLUS」って書いてあるのでコレがモデル名かも知れません。

f:id:MGMGNE:20170908095908j:image

裏ブタには「w/CRYO.WE」って書いてあります。

配線材は見た目からしてWEを使用してると思いますが、クライオ処理されてる奴なんですかね?

 

クライオ処理に関してはここでは語りませんが私はオカルトだと思ってます。はい。

 

世界に1台だけって言うのは本当かもしれない。

下記ブログに同じ銀色3knobのシリアル1番違いが記載されてますが、あちらのはXLF(ベース向けの低音強化モデル)の銀色版見たいです。

他に銀色版HotCake情報お持ちの方いらしたらご連絡ください。

 

 

最後に集合写真貼っときますね。

左からシリアル順に並んでます。f:id:MGMGNE:20170908104128j:imagef:id:MGMGNE:20170908104133j:imagef:id:MGMGNE:20170908104136j:image

 

ちなみに超初期タイプとして↓みたいのもあるみたいです。

 

超欲しい( ゚д゚)

 

超超初期タイプとしてこんなのもあるそうな↓

 

ここまで行くと自作超初心者が作るパチモンみてーだな。

 

超おわり。

 

 

BOSS DS-1の話


こんばんわ。夏生まれなので夏が嫌いなめがめがねです。

今回はみんな大好きBOSSの話だ!

 

以下Wikiからコピペ

 

ボス株式会社(英称:BOSS Corporation) は、ローランドのグループ会社であり、エレクトリック・ギターおよびベース用のエフェクターを主に開発している。1973年、大阪で創業されたメグ電子株式会社を前身とする。

 

ここまでコピペ

 

DS-1は1978年にBOSS初のディストーションエフェクターとして発売され2017年8月になった今も新品が楽器店で売られているすごーいエフェクターだぞ!

これ以上の事を知りたい方はテキトーにググってください。

 

まぁみんな1度は見たことあるでしょこんなの↓

f:id:MGMGNE:20170830222813j:image

 

えっ?なんか黒くない?

 

そうなんです!なんとコレはアメリカの有名楽器店Guitar Center(と系列店のMusician's Friend)でのみ限定発売されている限定版なのだババーン!

 

ちなみ発売されたのは2016年11月なのでブログのネタにするには鮮度が悪いです(この記事は2017年8月に書いてます)

この記事はブログの下書きの消化なんだ。すまない。

 

ちなみにちなみにコレ、日本に発送してくれません。

私はNAMM showに行った知人にお願いして買って来てもらいました。

Tブラザーズのお二人ありがとうございます。

 

なんて事をしてたらなんと40周年を記念して日本でも黒のDS-1が発売されるとのとこ!←これが2017年1月の話

 

BOSSの創業が1973年、DS-1の発売が1978年なのに何が40周年なの?って調べたらBOSS初のコンパクトエフェクターOD-1が発売されたのが1977年なんですね。なるほど(微妙に納得できてない顔)

 

またこの40周年の記念すべき年の4月にBOSSのグループ企業Rolandの創業者、梯 郁太郎氏が亡くなられてます。お悔やみ申し上げます。

梯郁太郎 - Wikipedia

 

話は戻ってこのDS-1、期間限定生産品らしいですが現在(2017年8月)でも普通に買えます。

いつまで作るのかは公式からも発表がないので分かりません(2017年内で終わり?)

モデル名がDS-1-4Aになってますがたぶん40th Anniversaryの略でしょう。

 

ってワケでコッチも買いました✌︎('ω')✌︎

f:id:MGMGNE:20170831011126j:image

かっこいい…

 

パッと見てわかる通りノブの色と文字の色が違いますね。

今回はこの2機種の違いについて書いていきます。

 

まずは箱から

f:id:MGMGNE:20170831020708j:imagef:id:MGMGNE:20170831020525j:image

40th Anniversary Compact Pedalsの文字が眩しいぜ…

 

はい次左右側面

f:id:MGMGNE:20170831021624j:imagef:id:MGMGNE:20170831021634j:image

まぁ一緒だよね。

 

はい次上面と裏面

f:id:MGMGNE:20170831021814j:imagef:id:MGMGNE:20170831021821j:image

一緒だな…

 

おっ手前のサムスクリュー違うじゃん!

f:id:MGMGNE:20170831021549j:imagef:id:MGMGNE:20170831022435j:image

4Aの方はいわゆる「銀ネジ」って奴ですね。

 

続いて中身の方見ていきましょうパカっとな

f:id:MGMGNE:20170831023033j:image

f:id:MGMGNE:20170831023324j:imagef:id:MGMGNE:20170831023332j:image

一緒だな

 

続いてパーツ面

f:id:MGMGNE:20170831023426j:image

 

一緒だ…

 

もちろんオペアンプも一緒

f:id:MGMGNE:20170831023716j:image

 

裏ブタ止めてるネジも一緒でした

f:id:MGMGNE:20170831023913j:image

 

まぁ中身一緒だから音も一緒でしょ!(弾いてない)

 

ちなみにちなみにちなみにノーマルのDS-1は、40th Anniversaryモデルの発表と同時に値下げをしています。

なんと新品税込み5,400円!

 

ただ中身に変更があったらしく

こんな風になってしまったそうな

 

エフェクター改造屋さんは頭抱えたでしょうね。

Analogman MODのDS-1、ミドルコントロールが追加されてる奴結構良かったんですけどねぇ(売ったけど)

f:id:MGMGNE:20170831030218j:imagef:id:MGMGNE:20170831030339j:imagef:id:MGMGNE:20170831030417j:image

 

そういやJHSがMODした奴も持ってました(売ったけど)

f:id:MGMGNE:20170831030630j:image

 

自分で改造した奴もあります(かっこいい)

f:id:MGMGNE:20170831030940j:image

 

後継機?のDS-1Xも持ってました

これBOSSのディストーションエフェクターの中でイチバンのオススメです(売ったけど)

f:id:MGMGNE:20170831032329j:image

 

パチモンの POS DT-1もあります(これは人にあげた)

中身はDS-1のパクリです

f:id:MGMGNE:20170831031644j:image

 

 

結論:DS-1Xはイイぞ

 

おわり 

 

 

mateus asatoを見に行った話

 

どうもこんばんわ。めがめがねです。

 

いきなりですがちょっと脱線、

ちょいちょいブログにご登場頂いてたMacBook Pro 2011 lateさん、とうとう限界を迎えたので引退して頂きました。

 

いやなんかめちゃめちゃ動作が重くなっちゃって。

マウスカーソルもカックカクでほんと使い物にならんなと。

アクティビティモニターで確認するとkernel_taskってのが暴走しててCPU使用率が1000%越え!

※桁間違ってないです

 

バラして掃除したりOS再インストールしたりSMCリセットしたけど復旧しないし、しかも2017年6月末で2011 lateモデルはハードウェアサポートも切れたのでAppleも対応してくれない。困った。

 

ってことでアッサリ買い替えました。

よろしくiMac 2017さん

f:id:MGMGNE:20170828055534j:image

 

  • CPUはi7 4.2GHzに変更
  • ストレージは512GB SSDに変更
  • メモリは元々8GBに16GB増設して24GBになってます。

あとVESAマウントモデルでつね。

サクサク動くのでストレス無いしサイコー

右上に座ってるのはウチの子ですかわいい

  

脱線終わり。

 

本題戻ってmateusu asatoってなんぞや?

ことで説明!(ビシバシスペシャルのテンションで)

 

ネタバレ(?)するとブラジル出身のギタリストです。

マテウス・アサトって呼びます。

おじいちゃんおばあちゃんが日本出身の所謂日系ってやつですね。

9歳の時に親戚がギター弾いている所を見せてくれて、ドエレーcooolじゃんつってギター始めたんだけど、両親がエレキギター買ってくれなくて家にあった(おかんの?)アコギを弾き始めたそうな。

 

10歳の時にやっとエレキギター買ってもらって同じブラジル出身のギタリスト、キコルーレイロに影響されてピロピロ系にひた走り、スティーブヴァイ、ジョンペトルーシ、エリックジョンソンからも影響を受けているとのこと。

んで16歳の時に初めてコンテストに出て500人蹴散らして優勝して本格的にギターで食ってく事を決心したとのこと。

その16歳の時の映像はコチラ

 

私が16歳の頃なんかパワーコードしか弾けなかったぞ

 

んでんで高校卒業後に渡米してMIに入学、そこで友人からジョンメイヤーをオススメされてドハマりし、ジョンメイヤーのルーツになってるジミヘンドリクスやスティービーレイボーン等を掘り下げて行き今のプレイスタイルになったそうな。

その後にTori Kellyのオーディションに合格して今にいたると。

ちなみにこの記事書いてる時点(2017/08/29)では彼は23歳(1993/12/29生まれ)です。

Tori Kellyのオーディション受かったのが2015年なんでその時は21歳ですね。すげーなこの人

 

ここまで書いて御察しの通りギターバカウマです。

 

そんな彼が初の来日公演&ギタークリニックをやるってんで行って来ました。

上記の生い立ちは今回本人が自己紹介で喋ってた内容です。うろ覚えなので間違ってたらゴメンなさい

 

日時:2017/08/27(日)  14:30開場 15:00開演

場所:BAR RESTAURANT BAN×KARA ZONE-R 

 

今回写真撮影、動画撮影、ネット上にアップロードOKだって言うもんだからみんな写真撮りまくり動画撮りまくり。

演奏中も画面しか見てない奴とかいてコレ思い出した⬇︎

 

とかいいつつ私も写真撮ったんですけどね。

f:id:MGMGNE:20170828214151j:image

 

今回バンド体制じゃなくてMacbookからバッキングトラック流しつつギターを弾くスタイルでした。

 

でもね。最高だった。

 

終演後は機材撮影タイム

ギターはsuhrの黒のストラトタイプでピックアップ配列はSSH、ネックと指板はローステッドメイプルでネックプレートには本人の似顔絵(?)的なのもありました。今回はこのギターしか弾いてません。

f:id:MGMGNE:20170829011150j:image f:id:MGMGNE:20170829011201j:image

 

恐らくサブギターとしてステージ脇に置いてあったのがピンクのストラトタイプでSSHのギター

こっちもネック材はローステッドメイプルです。

ネックプレートに似顔絵ありませんでした。

f:id:MGMGNE:20170829013600j:image

 

エフェクターボートも写真撮ってきました。

f:id:MGMGNE:20170829013746j:image

  1. BOSS TU-3(チューナー)
  2. BONDI EFFECTS 2026 Compressor(コンプ)
  3. VEMRAM Jan Ray(メイン歪み)
  4. BONDI EFFECTS Del Mar Overdrive(ブースター)
  5. neunaber audio effects EXPANSE SERIES(コーラスとして使用)
  6. JimDunlop EP103 Echoplex Delay(ディレイ)
  7. MXR M300 Reverb(リバーブ)
  8. neunaber audio effects IMMERSE REVERBERATO(リバーブ)

が全部直列で繋がってます。

 

パワーサプライはチラ見してるVooDoo Lab PEDALPOWER2 PLUSですね。

 

パッチケーブルが統一されてないあたり海外ギタリスト感でてます。

 

アンプはSuhr Badger 35 と Tone King METEOR II 740H(たぶん)を使ってました。

写真は撮り忘れたのでないです(´・ω・`) 

 

最後は握手してTシャツにサインもらって2ショット写真撮ってもらいました✌︎('ω')✌︎

 f:id:MGMGNE:20170829061303j:image

今度はバンド編成で来てもらってコットンクラブとかでビール飲みながら見たいゾ

 

知らない人は各種オフシャルアカウントをチェックした方がいいぞ

 

https://facebook.com/MateusAsatoOfficial/

 

ソロ名義の音源ないのではやくCD出して欲しい。

ちなみにこのフレーズ好き

 

おわり

 

2016年買った機材を振り返る

 

あけましておめでとうございます。メガメガネです。

 

昨年は大変お世話になりました。

移動中の新幹線の中ヒマなので、2016年に買った機材でも振り返ろうと思います。なお忘年会で全てを忘れてしまっているので、一部記憶に欠損がある場合がございます。ご了承ください。

一応買った順に並んでると思います。

 

まずZoom TAC8

f:id:MGMGNE:20170101192953j:image

2016年の正月セールで売れ残ってたんで買いました。

Thunderbolt対応でS/PDIFとoptical両対応してるのが欲しかった結果これになった。

はっきり言って持て余してるし、最新(2016年発表)のMacBook ProでThunderbolt3になって端子の形状も変わった(USB type-Cになった)のでいつまで使えるのか分からん機材

ウチのMacBook Proも2011Late なので買い替えたいけどどーしよ

 

Roland AF-100 BeeBaa

f:id:MGMGNE:20170101193440j:imagef:id:MGMGNE:20170101193920j:image

BeeeeeeeeBaaaaaaaってカンジの音がする。

Twitterで売りますツイート見かけて秒で買いますリプライしてゲットした一品

LED付いてないし踏んだか踏んでないんだかよくわからんし今は箪笥の肥やし

 

次flyingteapot 59preamp

f:id:MGMGNE:20170101193905j:image

このブランドの中の人とは一緒に飲みに行くぐらいの仲なのですが、プロトタイプを弾かせて貰ったときに「仕様がニッチ過ぎて売れねーよwww」って言ったらメッチャ売れたエフェクター

あの時は本当に申し訳ございませんでした。

チャンネルリンク出来るって持て囃されてますが、個人的にはチャンネルリンクさせない方が狂ったハイが出てマーシャルっぽくて好き。

 

次 HONDA SOUND WORKS SPICE 2011

f:id:MGMGNE:20170101195313j:image 

かの有名なアレ↓

HONDA SOUND WORKS “SPICE” : 【○八】マルハチBlog

にツマミが付いたヤベーやつ

 

そういえば夏に御宿行く機会があったのでバッチリ聖地巡礼してきました。

f:id:MGMGNE:20170101195457j:image

 スタジオで爆音で弾きながらツマミカチカチ回したけど音の違い分からんかったよ

 

次leqtique rochechouart

f:id:MGMGNE:20170101200245j:imagef:id:MGMGNE:20170101201356j:image

安かったから買った。

 

次Jim Dunlop MOR50-F1

f:id:MGMGNE:20170101200518j:image

モリダイラの50周年記念モデルで限定50台

通称(?)白顔、限定の癖に音は良くない

なーにがJapan Limitedじゃ

 

FuzzFaceはやっぱりEJF1(Eric Jhonsonシグネチャー)が1番好きだしウチのはサイン入りだし強い

f:id:MGMGNE:20170101201102j:imagef:id:MGMGNE:20170101201141j:image

 

Gibson Lespaul Deluxe

f:id:MGMGNE:20170101201506j:image

1976年製、初めてビンテージと呼ばれる年代のギターを購入

重い、作り悪い、音も良くないの三拍子揃ったギターで、2度とビンテージなんか買うかボケと思わせる一品

試奏して全然良くなかったんだけど、相場より安かったのと24回無金利ローンは現金一括と同義とかいう謎理論で買った

イエモンのコピバンやるしかない

 

Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコン エディション

f:id:MGMGNE:20170101202103j:image

おっさんホイホイ

 

次iPhone7 Plus Jet Black

f:id:MGMGNE:20170101202517j:image

カメラの画質めっちゃいいのでオススメ

 

次flyingteapot Rum Coke Muff 特装版

f:id:MGMGNE:20170101202830j:image

かわいい

 

次VHT 2502

EL34搭載の50w×2のパワーアンプ

届いた時の段ボールすら開封してないので写真はない。

GP3(2015年購入済み)と組み合わせてヒャッハーする予定

 

今年からは家庭の事情で機材買えない予感

おわり

 

 

 

 

実験回

どーもこんばんはメガメガネです。

最近猫飼い始めましたかわいい

 

早速ですが今回のブログのネタはコチラ

 

じゃん

f:id:MGMGNE:20160929173525j:image

 

エフェクターコンデンサで音が変わるのか!?

これ昔からやってみたかったんですけど、自分で何台も同じエフェクターを作れない(飽きる)ので非常楽しみでございます。

 

⬆︎のエフェクターは全て[Tone⁻¹](トーンインバース)のLes SIGNESと言うエフェクターです。

今回は[Tone⁻¹]の中の人全面協力です。

この場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました

 

このエフェクターいわゆるTubeScreamer系の回路みたいです。

違いは純粋にコンデンサーの種類のみとのこと。

 

そういえばTS系TS系ってよく言いますけど、音の話なのか回路の話なのかどっちやねんってなりませんか?

回路の方の話になるのですが、前後段両方のバッファー部をカットした奴や、コントロールを増やした奴(ンternityやンen Drive等)もTS系って呼ばれるのイマイチ納得できないんですよね。

終いには反転増幅+BAX型トーン回路のエフェクター(ンiotic系)をTS系とか呼んじゃう人も出てくる始末ですよ

そこまでやったらもう別もんやんけプンプンってカンジです。

 

めっちゃ脱線しました。

んで使用されてるコンデンサは下記の通りでございます。

model W:WIMA

ドイツのメーカーです。エフェクターでもオーディオでもよく使われるメーカーですね。

今回はMKS2シリーズを使用

今回の実験で1番値段が高いです。

 

model C:Nichicon

日本が誇るコンデンサーメーカーですね。

単価が安いコンデンサっつったらコレでしょって感じでよく見かけます。

今回はXYシリーズを使用

今回の実験の中で1番値段が安いです。

 

model P:Panasonic

これまた日本のメーカーです。

海外のペダルメーカーが好んで使ってる印象です。

今回はECQ-Vシリーズを使用

今回の実験の中で2番目に値段が高いです。

Panasonicドラム式洗濯機欲しい

 

model A:AVX

langgraffシリーズに使用されてることで一躍有名になった(?)コンデンサですね。

単価が安いBOXタイプって事もあり、エフェクター自作したことある人はみんな1度は使ったことあるんじゃないでしょうか

今回はBF/BQシリーズを使用

これだけ生産完了品です。

そのせいか昔に比べて値段が上がった気がする。

Panasonic ECQ-Vシリーズと同じぐらいの値段です。

 

 って訳でスタジオに行きーの全部直列でセッティング

 

f:id:MGMGNE:20160929211035j:image

こうゆう画像載せると「スイッチャーを使わないと最初に繋いでるのと最後に繋いでるので入力までの信号ラインの長さが違うから意味がない!」ってプリプリ怒り出す人たちがいるんですけど、スイッチャーの各ループの信号ラインの長さって全部同じなんですかね?って話だしなによりスイッチャー持ってくのが面倒くさいのでこのスタイルで行きます。

 

 

 1人で実験するのも味気ないので参加者を募った所、オタク、エフェクタービルダー、Recエンジニア、某有名アーティストの楽器チームの人などいっぱい集まっていただきました。

ご協力ありがとうございます。

 

アンプはみんな大好きJC-120
ギターはそれぞれ持ち込んだレスポール、スローバー、ストラトストラトストラトストラトで実験開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

音は違いました。

 

以下すっっっごい個人的な感想です←重要

 

 

 

model W:WIMA
HiFiって言い方があってるのか知らないけど、割とスッキリした印象

人が弾き比べてるのを聞いてた時は1番好きな音してた。


model C:Nichicon
太いというかハイが出ないというかモァっとしたというかなんというか

1番歪みエフェクター"らしい"音してた。

自分で弾き比べてる時は1番好き

model P:Panasonic
よく分からんけど良くまとまった音が出てた。

Recエンジニアの人はこれ1番好きって言ってたのが印象的


model A:AVX

途中から比較しなく(弾かなく)なる残念な音が出てた。

誰もmodel Aイイね^o^って言わなかった所もポイント高い

 今後AVXを使う事はないでしょうね(ディスコンだし)

 

すっっっごい個人的な感想終わり。

 

今回の実験はどのコンデンサが好みか?

じゃなくて音が違うか?なので実験的には大成功って事でいいんじゃないでしょうか。

 

結局音の好き嫌いは人それぞれなんで参考程度でお考えください。

同じメーカーでもシリーズが違えば結果は変わって来ると思いますしおすし。

回路との相性もあると思いますしおすし。

 

 

 f:id:MGMGNE:20161001124953j:image

↑はよく行くお寿司屋さんです。

 

とまぁこんな大袈裟な書き方してますが、実際の音の違いは正直微妙な差でしかないです。

拘った所でライブに来てるお客さんやCD聞いてる人はこんな違いなんか気にしないと思いますよ。

 

すべての音楽機材に言える事だと思うんですけど、どんなに拘ったってそれは聞かせる側のエゴでしかないと思うんですよね( ・´ー・`)ドヤァ・・・

 

使用してるパーツをズラズラと書き並べて謎のアピールしてるエフェクターとかよく売ってますけど、他にアピールポイントが無い事の裏返しだと思うのであんまり真に受けてもしょうがないんじゃないですかね?って話です。

 

ちなみに私がエフェクター作る時はパーツは見た目で選ぶ派です。基板が綺麗なエフェクターは裏ブタ開ける楽しみがありますからね。

f:id:MGMGNE:20161001125551j:image

1番最近作ったエフェクターはこんなカンジ↑

 

ちなみにちなみに今回ご協力頂いた[Tone⁻¹]さんのWebShopはコチラ↓

https://toneinverse.official.ec/

 

ダイレクトマーケティングも完了したので今回のブログはココまで。

 

おしり。

 

 

 

 

久しぶりにエフェクター作った話

最近セブンイレブンのドリップ式のアイスコーヒーよく買うんですけどアレおいしいですよね。

こんばんはメガメガネです。
 
今回は待ちに待った(?)自作エフェクターの記事です!
 
写真はこちら⬇︎
f:id:MGMGNE:20150818202549j:image
うん、「また」なんだ。済まない。 
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。
 
そうです。RATです。
もう人生で10台ぐらい作ってる気がする。
 
外見上のパーツ類は白で統一しました。
f:id:MGMGNE:20150818202600j:image
中身はおなじみのラグ板で製作
f:id:MGMGNE:20150818203102j:image
 
回路的にはオリジナルRATではなくリイシューの85 whitefaceをKeeleyおじさんがMODしたやつのダイオード切り替えスイッチを廃止したやつです。
 
実機と比較するとパーツのせいなのかなんなのか、ロー〜ローミッドあたりがコッチのが存在感ある音がしますね。あと何故かはわかんないっすけどコッチのがノイズ少ないです。
 
見た目もかわいくできたので気に入ってるんですが早速旅立って行きました。
達者で暮らせよ(´;ω;`)
 
久々にエフェクター自作したら楽しかったのでまたなんか作ろうと思います。
 
おわり